読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノンアメリカニゼーション。

ごく普通の日本人がアメリカの田舎で生きていく記録。

アメリカと日本の大学院の違いとは

ご無沙汰しております.期末試験で忙しくしばらくブログ放置状態でした.また少しずつ時間を見つけて更新していきます.


さて,今日は久々にまじめな記事.アメリカと日本の大学院を比較しながら,その違いについてまとめていきたいと思います.アメリカの大学院を目指そうと思っている人に参考にしていただけたら嬉しいです.当方理系大学院(工学部)に在籍しているため,あくまで内容は理系大学院が中心です.


アメリカの大学院はアメリカ人ばかりではない

まずはじめに,学生の出身国の割合について説明したい.日本の大学院に行ってみると,勿論日本人の割合が高い.日本ナンバーワンの東京大学ですら,大学院生の留学生の割合は20%程らしい.それに比べ,アメリカの大学院では留学生が大半を占めている.俺の学科ではなんと大学院生の90%以上が留学生.インド・中国を中心に,他にもアジア・ヨーロッパ・南米と世界各国から留学生が集まっている.


これには利点もあれば欠点もある.全てのミーティングや会話を母国語で行うのは,やはり研究をスムーズに進捗させることに繋がる(気がする).難しい概念も母国語なら他人に伝えるのも難しくはないだろう.しかし,研究者にとって英語は必要不可欠なものでもある.研究発表や論文執筆は英語が基本.また,国際学会やセミナーの際に他の研究者とコミュニケーションをとるのにも英語は必須である.アメリカの大学院では日々研究の中で英語に触れることができるため,そのようなときに英語で困ることはない.


また,色んな国の人と一緒に勉強したり,ときには遊んだりすることで,他国の文化・料理・歴史なんかに触れることもできる.「やっぱりフランス人パリジャンはプライド高そうだなぁ.」とか,「インド人計算はえぇぇぇ!」とか予想通りだったものもあるし,「ブラジル人でもサッカー好きじゃない人結構いるんだー.」とか意外なものもあったり.やっぱり実際会って話してみると面白い.


アメリカの修士課程は授業だけ

日本の大学院との大きな違いは修士課程の内容.日本で修士課程というと,ずーっと研究をしているイメージが強い.勿論日本の修士課程でも授業を取る必要はあるが,レポートを出しさえすればAがもらえちゃったりするので,授業の準備に割く時間はほとんどない.その代わり,研究に多くの時間を割き,学会発表に行ったり論文を投稿したり,研究面で非常に忙しくなる

アメリカの修士課程は,学校や学科によってかなりシステムが異なる.工学部(Engineering)の分野では,2年間授業を取るだけという場合が多い.授業を取ってある程度の成績を取れば,修士号を取ることができる.そして研究は一切しないで修了.俺の学科では修士課程の7〜8割がこのタイプに当てはまる.

修士号の中にもThesis optionと呼ばれるものがあり,これは教授のもとで研究をして修士論文を提出するのが目標となる.2年間授業も取った上で研究もするので,かなり忙しくなる.授業を複数とるとあまり研究に時間が割けなくなってしまうため,ガッツリ研究ができるのは最後の半年くらいしかない.日本の修士課程に比べると研究の質は劣るだろう.その忙しさの故に前述のタイプの修士に比べ卒業が遅れることもあるが,アメリカの大学院では具体的な卒業年数が定められていなく,また企業の採用も年中行われているため,柔軟に対応して卒業時期を決めることができる.

このように修士課程の中にもいくつかタイプがある.また,修士号は博士課程を途中でドロップアウトした人にも与えられるため,博士課程で生き残れなかった残念賞的な扱いもあるとかないとか(特に理学系で)...授業内容はなかなかハードで,平均B以上(A,B,C,D,Fの5段階)の成績をとらないと停学→退学になってしまう.ちゃんと勉強していれば大丈夫だが,サボっているとあっという間に学校から追い出されてしまうので注意.

アメリカの博士課程入学に修士号はいらない

日本の博士課程に入るためには,まず修士号(2年)を取得する必要がある.その後,博士課程で3年研究をし,最終的に博士号を取得する.順調に行けば合計で大学院に5年在籍することになる.


アメリカでは博士課程(Ph.D. Program)に入るために,修士を必要としない場合が多い.日本の修士と博士を合わせたようなプログラムになっており,最初の1〜2年目で授業で研究を行うための基礎力を養い,そこから3〜4年間研究を行い,博士号を取得するという流れになっている.事前に修士号を取ってからだと卒業が多少短くなることもあるが,学部卒で博士課程に入ったほうが最終的に若くして卒業できる傾向にある.先ほど述べたように,アメリカの大学院では具体的に卒業にかかる年数が定められていないため,学生の研究実績等に応じて卒業にかかる年数が変わってくる.学科によってかなり年数に違いはあるが,工学分野では学部卒で平均5~6年,修士号を持っていれば平均4~5年といったところだろうか.超優秀な人は3年で卒業するし,逆に出来が悪ければ8年以上かかることもある.「人文学系の博士課程は特に長くかかるらしい」,との情報を在学8年目の先輩から聞きました


博士課程の1〜2年目の最後に,博士課程で研究をしていくに相応しいかどうかの試験(Qualifying Exam)を行い,そこで合格できないとその時点で退学になってしまう.その場合,先程も述べたように残念賞として修士号が与えられる場合がある.俺の代は無事全員合格したのだが,一年上の代はなんと半分の学生が試験に落ち,大学を去っていったらしい.恐るべし...これも大学・学科によって試験形態・難易度に大きく差がある.

アメリカの博士課程はタダで行ける!

一番大きな違いであり,自分がアメリカの大学院に行く大きな決め手になったのがこれだ.アメリカの大学院では,Research Assistant(RA)として研究やプロジェクトに参加したり,Teaching Assistant(TA)として大学で働くことで,学費+生活費を学科が援助してくれる.アメリカの上位校の学費は非常に高いが,博士課程として入学すれば基本的に全て学科が支払ってくれるのだ.更に,地域にもよるが大体月15万〜20万の給料が生活費として払われる.これだけあれば一人暮らしであればなんとか(ギリギリ)暮らしていける.また,日本から奨学金を持ってくれば,余計な仕事をする必要もなく自身の研究により専念することもできる.

それに対し日本の大学院では,修士博士問わず,基本的に自分で学費を払わなければならない.奨学金もあるが,給付奨学金(返済義務のないもの)を取るには努力も運も必要になるだろう.一般家庭であれば,学士・修士・博士と約9年間も通わせるのはなかなか経済的に厳しいのが現実だ.日本の博士課程は就職先が狭まるリスクもあるため,返済義務のある奨学金を借りるのも最善とは言えない.

卒業後の進路は教授だけじゃない

日本の博士課程の学生は,ほぼ全員教授になることを目標としている人たちだ.しかし,ポストが空いていなかったり,抜きん出たの研究実績が必要だったりと,実際には非常に狭き門だ.博士課程からの民間企業への枠も多くはないため,分野によっては就職することもなかなか難しいのが現状だ.

それに対しアメリカの企業は,博士号取得者も積極的に採用する傾向にある.実際俺の周りの博士課程の友達も,教授になりたいと言う人より民間企業に就職することに興味を持っている人が多い.研究職ではより専門的な知識を持っている人が必要だと考えられており,そういうポジションには博士号を持っている人が多く採用されているのだ.日本での就職については,ボストンキャリアフォーラムで博士課程の学生を募集している企業もあるのでチャンスはなくはない.

ちなみにアメリカでは平均年収も 学士 < 修士 < 博士 と学位が高くなるに連れて高くなる傾向にある.専門にもよるが,1年目から1000万円程度の給料をもらうことも珍しくないそうだ.その代わり能力がないとみなされると,あっさり切られてしまうというリスクもある.なんともアメリカらしい.

あとがき

いかがでしたか?簡単にまとめると,

日本 アメリカ
留学生 少ない 多い
修士課程 研究中心 授業中心
博士課程の入学条件 修士号 学士号
博士課程の経済面 自費or奨学金 学科持ちor奨学金
博士課程の主な就職先 教授 教授or民間企業


他にも細かいところでは色々違うこともあると思いますが,大きく違うのはこの辺です.一概にどっちが優れてると言うことはできないと思うので,自分が大学院で何をしたいのかをよく考え,どちらの大学院に進むべきか決めて頂ければと思います.質問等ありましたらコメントくださいねー.




関連記事